空中庭園の主
君に光を 大地に花を
バースデー・イブ
東京は桜が咲きました。


桜を見ると、やるせないような、シンとしたような不思議な気持ちになりますね。


満開の桜は本当にきれいですけど、散ってゆく時の情景も好きです。


だいぶ告知が遅れてしまいましたが、5月3日のライブのことがいろいろ決まりました。


5月3日(木・祝) at 渋谷La.ma.ma 『new wonder world』
出演:NOVELAR(五十嵐"Angie"久勝:友情出演/発起人:村上孝之ex. BLIZARD),
QUEER,
SRS(Takeo Shimoda-ds-, RANDY-X-b-, ☆shyder☆-vo,g-)
17:00 open / 17:30 start
チケット前売:3,000+Drink / 当日:3,500+Drink


となっております。


NOVELARのメンバーは、ボーカルはもちろんAngie.様で、キーボードは杉山さん、ベースは神谷直人(カミーユ)さん、ドラムは以前大塚でNOVELAのカバーバンドをやった時の小笠原(りゅう)さんです。


対バンのQUEERさんはクィーンのカバーバンドで、その筋では有名なバンドさんです。


SRSさんは'70S ROCKを中心にしたカバーバンドさんです。


NOVELARはトリですが、開演時間が早いため出番は19時30分頃になります。NOVELARのことを考えて、SRSさんが「開演時間、早くても良いですよ」と言ってくださったんです。


ありがとうございますー (TωT)


良いバンドが揃っておりますので、3バンド揃って観ていただければと思います。


各バンド45分の持ち時間です。


NOVELARはトリですので、ア〇コールもあるかも…です。


そしてですね、5月3日のライブのチケット予約は、このブログでも受付ますので。


いつもどおり氏名とチケット枚数を“非表示”で、こちらまで送っていただければと思います。


メッセージ付きだと嬉しいですー \(^ω^)/


今回NOVELARをやることにしたのはNOVELAが好きなことに加えて、ちょっと理由がありまして。


数年前に沼袋SANCTUARYのイベント・ライブに出させていただいて、NOVELAのカバーをしたんですね。


その時はボーカルがAngie.様で、キーボードがSANCTUARYのスタッフの杉山さん、ベースがカミーユ、ドラムがSANCTUARYの福田君、ギターがオレと若井君というメンツでした。


SANCTUARYさんには本当にお世話になっていましたし、特に杉山さんには本当に良くしていただいていたので、一緒にステージに立てることが本当に嬉しかったです。


ところがですね、ライブの1週間前くらいに杉山さんが左顔面麻痺になってしまいまして。


左半面の感覚が全くないうえに、左耳が聴こえない状態でライブをすることになってしまったんです。


それが本当に残念で、悔しくて、必ずリベンジしましょうと言っていたんですね。


ところが、その後SANCTUARYは経営が変わってしまい、杉山さんは店を去り、連絡が取れなくなり(オレのパソコンがお亡くなりになって、アドレスが消えてしまった)…という状況になりまして。


そうしたらですね、去年5月のNOVELAのカバー・ライブの主催者が杉山さんで、その時に久しぶりにお会いできたんです。


うっしゃぁ、リベンジするぜっっ!


というわけで、今回に至りました。


「やろう!」と即答してくださったAngie.様には本当に感謝しております。


オレは一体何度Angie.様に甘えているんだろうか…と思ってしまいますが (〇ω〇)゜。


Angie.様、感謝しております、尊敬しております。


そして、カミーユ、りゅうさん、忙しい中付き合ってくださって、ありがとうございます。。


そんなわけで、今のオレは燃えに燃えています。


猫ファイヤーッ!! ドォーン! …的な


なので、皆様よろしこお願い致します \(^ω^)/


久しぶりに皆様とお会いできることを楽しみにしています。


“観て良かった!”と思ってもらえるライブをする自信もあります。

スポンサーサイト
【2018/03/24 01:19】 未分類 | トラックバック(0) コメント(10) |
梅がきれいに咲いています。
にゃううぅぅー。


お正月に、あけますたおめどとござまうと挨拶してから、ドンドコドンと日々が流れて、2月も終わりになってしまいました。


たかさん終わった?…と思った方もいらっしゃるかと思いますが、元気にしておりますー。


やる気がないわけでもありません。


バリバリバリッと爪砥ぎを……じゃねぇよ、バリバリバリッと仕事をし、合間にギャギャーンとギターを弾いております。


要するに、変わらぬ日々です \(^ω^)/


ジミジミィ……。


先日電車に乗ったら、隣に小学校4年生くらいのちょっと生意気そうなガキ…いや、少年とお母さんが座っていまして。


スマホに見入っていた母がサッと顔をあげて、少年に「やっぱりさ、硬いものを食べないとダメなんだって」と言ったわけです。


母:「あんた、柔らかいものばっかり食べるでしょう? それじゃダメなのよ。硬いものも食べないと」


少年:「硬いものも食べてるよ。昨日もとんがりコーン食べたし」


母:「えっ、とんがり……それって硬いかなぁ?」


少年:「硬いよ。歯が折れるかと思ったから」


母:「……」


良いぞ、少年! \(^ω^)/


話は変わる。


先日、六本木のほうで取材があったんですけど、取材場所の事務所がすんごいバブリーというか、セレブリティーなマンションの一室でして。


入口でインターホンを鳴らして、ドアのロックを解除してもらって、1階に入るとリゾートホテルみたいなロビーで、受付にコンサルジュの方がいて、エレベーターの中には小洒落たイスがあるという。


で、事務所に着いたら、美人のお姉さん2人が出迎えてくれて、靴を脱いで部屋にあがる…的な。


にゃあー、リッチだぬ~ん。


そんなアーバンなシチュエーションでインタビューが始まったわけですが、そのアーティストさんは今年39才になられる男性の方なんですね。


そこから「いろんな人に聞いているんですけど、40代ってどうですか?」と聞かれまして。


オレ:「そうだねぇ…。自分が40才を迎えた時は、40代はカッコいいオヤジになれるか、ダサいオッサンになってしまうかの別れ道だから、がんばろうと思ったかな」


アーティストさん:「ああ、なるほど。それは言えますね。で、それを実践されているんですね」


オレ:「実戦できているかは分かりませんけど。でも、40代ともなると、いろんなことがしんどくなってくるんですよ。でも、それに負けて、だらしないオッサンになるのは嫌だなという気持ちはあります」


アーティストさん:「俺もカッコいいオヤジになりたいんですよ。憧れるなぁ」


オレ:「キース・リチャードとか、もうお爺ちゃんだけどカッコいいですよね」


アーティストさん:「そうそう! あの人はマジでカッコいい」


いや、思うさ、本気でね。


キースみたいな凄みはオレには無縁だけど、一生ロッカーでいたいね。


そんな話も交えつつインタビューを終えて、帰りにスリッパを脱いだら、右足の靴下の親指のところに穴があいていたという。


にゃああぁぁああー!!


こんなセレブリティーな場所なのに、穴あき靴下!!


笑顔でお見送りしてくれるお姉さん2人に見つからないように“バババッ!”と靴を履いて、ササッと退出する…的な。


「40代はさぁ、カッコいいオヤジとダサいオッサンの別れ目だよね」


とか言ってるのに、靴下に穴があいている。


「だらしないオッサンにはなりたくないよね」


カッコつけてるけど、靴下。


「キースとか、憧れじゃん」


穴あき。


にゃうううぅぅー (TωT)


極寒の日だったのに、汗だくで帰りますた。



皆さん、5月3日あけておいておくれにゃー。


アンジー様と渋谷LamamaでNOVELAのカバーバンドをやりますので。


対バンは、クィーンのカバーバンドで、もう1バンド決まりそうです。


きっと楽しいライブになると思います。


詳細が決まりましたらブログに書きますので。


よろしこお願いいたしますー \(^ω^)/


【2018/02/28 02:53】 未分類 | トラックバック(0) コメント(7) |
お犬様どし。
新年あけました!


おめでとうございますぅー! \(^ω^)/


ワン、ワワン!


ということで、今年は戌年でございますー。


ゴールデンレトリバー!


皆さん、どんなお正月を過ごされているでしょうか?


今年の東京の元日はスッキリとした晴天でした。


オレは午後から母のところに行きまして、双子兄が作った雑煮を食べるという、昨年をなぞるような正月でした。


モチモチ、モッチィー。


雑煮、超うまかったっス。


麺ツユを使わないで、なぜあんな味にできるのだらう……。


シベリアンハスキー!


ところで、いつも通り、コロ助(←愛車)で母の家まで行ったのですが、世の中の正月の雰囲気も変わりましたね。


昔は、正月というと皆さんゆっくり車を走らせて、“正月は広い気持ちでいよう”だったり、“正月から事故るのはヤバい”といった空気が濃厚だったんですね。


そういえば、昔環八で信号が青になっても止まったままの車がいまして。


横を通り過ぎながら見たら、運転席でオジサンが爆睡していたという。


普段の環八だったらね、そんな車がいようもんなら“てめぇ、ざけんな!”とばかりに“バババァーッ!”“ビッビィー!”とクラクション鳴り渡りな状態になりますが、その時は皆さん“サラッ”とその車をよけていました。


穏やかな光景ですね。


ところがですね、ここ最近は正月でも車の流れが速いです。


特に、夜の帰り道がですね、みんな飛ばしているし、1秒でも早く帰りたいとばかりに、やたらと車線変更するヤツが結構いまして。


“あーあー、お正月なのにダメですねぇ”と思っていたのですが、ちょっとした車間に“ズバッ!”と割り込んでくるヤツとかが何台かいまして。


“ブチッ!”とキレて、自分もアクセルを“ガキッ!”と踏んで、“ズバーン!”といく…的な。


いけませんねぇ……。


ハハッ!


……オレはレイドバックするということがないのだらふか (●ω●)゜。


そして、スーパームーンがきれいな夜でした。


今年も良い年になるようにがんばりたいと思いますー (^ω^)


チワワ。



前回のブログにも書きましたが、5月のNOVELAライブ、よろしこお願い致します。


ただ、5月というと結構先ですので。


3~4月頃にもなにかライブがやれると良いなと思っております。


そもそもね、去年のライブが7月で終わりとは思っていなかったのです。


秋~冬にもKIZZがあるだろうと思っていたのです。


「いや、今年はもうないよ」「ええっ!」…的な。


なので、今年はもうちょっとライブをしたいと思っております。


ですので、皆さま時間がある時はぜひ!!


“ガンッ!と踏んで、“ズバァーン!”といきますのでっっ!


今年もよろしくお願い致します。


よろしこにゃー \(^ω^)/



そして、皆様にとって良い1年であることを願っております。

【2018/01/02 02:08】 未分類 | トラックバック(0) コメント(7) |
イブは金曜日か土曜日であって欲しい。
めりくまっ! めりくまっ!


くまぁー \(^ω^)/


というわけで、皆さんどんなクリスマスを過ごされているでしょう?


なんてぇか、ここ何年もクリスマスとは無縁な人生なわけですが、今年は特にクリスマス感がなくてですね。


今日はライブ取材でさいたまスーパーアリーナに行ったのですが、会場に向かう電車の中で“そうか、今日はイブか!”的な。


明日も午後に取材をして、夜は武道館ですー。


なので、本当にクリスマスという実感がありまでん…。


ニャー (●ω●)


そういえば、前回のブログに書いた挨拶する猫はメスですか?…という質問を頂いたのですが、分かりません。


ただ、すごく巨漢ですので、タヌキみたいに大きいですので、たぶんオスだと思います。


オッス!


あれ? なんの話だっけ?


……ああ、クリスマスですね。


そんなわけで、クリスマスらしい話は書きたくても書けないという。


そんな平穏、もしくは地味地味な日々を送っていると、先日テレビでオレが高校時代に毎日通い、卒業後もいろいろ世話になった某駅周辺の特集的なことをやっていまして。


昔はアブナイ街だったけど、今はクリーンになったぞ…的な。


その番組を見ていたら、突然少し前に某駅に行った時のことを思い出しまして。


ライブ取材で平日の20時くらいに行ったのですが、ガラが悪いというか、なんというか。


まず、歩きタバコをしている人がめっちゃ多い。


平日の8時とかなのに、すでに酔っ払ってる人が多い。


そして、外国の方がめっちゃ多い。


家族連れも多いけど、怪しいオーラの外国人がめっさ多い。


うわおっ! 日本じゃないみたいだぜ! \(〇ω〇)/


すげぇなと思いながら歩いて行くと、一件の店の前にセーラー服を着たお姉さんがズラリと並んで、呼び込みをしていて。


店に、“ガールズバー”と書いてあったという。


いやいやいやっ!


そしてライブハウスにたどり着いたわけですが、待ち合わせをしている編集者の方がまだ来ていなくて。


“到着しました”的なメールを送ろうとしていたら、若い白人の女性がニコニコしながら寄ってきまして。


「ハーイ!」みたいな感じで挨拶してきたので、“なんだろう?”と思って応えようとした瞬間、ハッと気づきました。


周りを見渡すと、道のあちこちに外国人の若い女性が立っていて、通りがかる人に声をかけているという。


うわぉっ! あかん! この人に愛想よくしたらあかん!


硬直して、ズズズッ…っと2~3歩後退したら、「オーウ…」とかいって、別の人のところに行ってくれました。


ドキドキドキ……(←いろんな意味で) (〇ω〇)゜。


そんなわけで、“クリーンになったぁ? そうかぁ?”的な。


でも、その時のテレビの特集は東口限定で、オレが行ったのは西口ですので。


最近行っていないので東のほうは分かりませんが、西のほうは昔ながらの素敵な街ですた。


クリスマスに全然関係ない話を、もう一つ。


来年の5月3日に渋谷Lamamaでライブをしますー。


Angie.様と一緒にNOVELAのカバーをやります。


詳細は後日改めて書きますが、皆さま予定を空けておいていただければと思います。


対バンも含めて、面白いライブになりそうです。


ゴールデンウィークの初日ですので、地方の方もぜひっっ!


よろしこにゃー \(^ω^)/



皆様に温かい光が降り注ぐ、良いクリスマスであることを願っています。


【2017/12/25 01:41】 未分類 | トラックバック(0) コメント(5) |
KINGS & QUEENS
アッという間に12月になっちまいましたね (〇ω〇)゜。


本当に時間が経つのが早い。


困りんぬ、ヤバりんぬ。


11月はちょっと仕事が薄めでヤバいかも、困るかも、かもかも…とアヒル化(←鴨とアヒルは違う生き物だけど)していたのですが、中盤から“ズドン! ズドン!”と仕事が来まして。


助かるなぁ、あり難いなぁと思っている内に、怒涛の日々になってしまいました。


で、一息ついたかってぇと、ついてねぇス。


ヤバめな状態が続いております。


でも、ブログが書きたくなって書いちゃいました(←逃避)。


ハハッ! \(^ω^)/


少し前のことですー。


その日は午後1時から六本木で取材がありまして。


15分ほど前に取材場所に着いてしまい、担当の編集さんとかもまだいないので、ボケェーッとしていたんですね。


5分前くらいになったら取材するバンドのギターさんがやって来まして。


「おはようございます! 村上さん、早いですね」


「えっ、でも、もう5分前とかだよ」


「だって村上さんとこの取材、3時からじゃなかったですか?」


「えっ、マジ?」


慌てて担当さんに電話したら、「ええ、3時からですよ」とアッサリ言われる…的な。


ガガーン! \(〇ω〇)/


ギタリスト:「3時からですよね?」


オレ:「うん、ややややっぱり3時からだった。ハハッ。じゃっ、後でね、後で!」


時間を間違えたのが恥ずかしくて、タタタッと小走りでその場を離れたら、向こうからベース君とドラム君が。


「あれ? 村上さん、どうしたんスか? こんな早くに」


にゃああぁぁぁああーっ! \(〇ω〇)/゜。


「いや、時間をね、3時でね、後でね」


ササーッ!


にゃあー2時間かぁ。2時間って一番時間の潰しようがないんだよなぁ…。


ウロウロしていたら、パソコンのマウスがいまいち調子悪いことを思い出したので、とりあえず渋谷の電器屋に行くことにしました。


バスに乗ったら、10分ほどで渋谷に到着。


ヒカリエの方から道玄坂のほうに向かって歩いていたら、向こうから赤白のボーダー・シャツを着て、丸メガネをかけた、ヒョロッとした兄ちゃんが歩いてきまして。


この人ウォーリーみたいだな。笑われるぞ、そのファッション。気づかないのかな…的な。


ウォーリーを見送り、JRのガード下を通ってハチ公のほうに行ったら、なんと。


交差点の辺りに、メイドさんとか、魔女とか、原始人とか、意味不明のキンキラおじさんとかがワラワラワラッといるじゃないスか。


そうです、その日はハロウィーンだったんです。


いろんなコスプレがいっぱいいるわ、道を塞ぐは、外人さんが一緒に写真を撮ってニコニコしているはで、大変ですぅー。


ピカちゅうの着ぐるみを着て、なぜか笛をピーピー吹きながら、ピョンピョン飛び跳ねてる女子とかもいたぞ。


カオス。


平日の1時半とかなのに……。


そうか、さっきのウォーリーもそういうことだったのか。


うぇ~っと思ったけど、ちょっと観察してみると女子はサマになっている子が多い。


女性ならではの“自分は何が似合うか分かってる度”の高さや、一部の女性特有の“強固なマイワールド・メンタル”のなせる業でしょうね。


“おおっ!”という子が沢山いますた。


やはり女は強い。


そこいくと男子はねぇ…。


“無理してる感、やらされてる感、まだ昼間なのに感”といったものがハンパない。


だから、見ていて恥ずかしかったっス。


でも、日本男児はそれで良いと思う。


俺は、そういうヤツ好きだぞ。


みんな、がんばれー!!



☆おまけ☆


うちの近所に、会うと“ニャッ! ニャッ!”とかわいい声で挨拶してくる猫がいまして。


にゃー かわいいぞうー \(^ω^)/


先日の夕方、コンビニに行って帰って来たら、駐車場のほうから猫が喧嘩している声が聞こえてきまして。


見にいったら、その猫だったという。


ドスの効いた声で「グォーッ! ファーオ!」と威嚇していて、もう1匹の猫は「シャアアァァーッ!」的な。


“おおっ!”と思って見ていたら、こっちに背を向けてドスを効かせていたいつもの猫が、急にパッと振り向いて。


目が合ったらかわいい声で“にゃっ! にゃっ!”と鳴いたという。


律儀…。


猫はほんとに面白い。


【2017/12/03 03:18】 未分類 | トラックバック(0) コメント(4) |
次のページ
PROFILE
TAKA-SAN
  • Author:TAKA-SAN
  • アンドロイドの部屋
  • RSS1.0
  • CALENDER
    03 | 2018/04 | 05
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    RECENT ENTRIES
  • バースデー・イブ(03/24)
  • 梅がきれいに咲いています。(02/28)
  • お犬様どし。(01/02)
  • イブは金曜日か土曜日であって欲しい。(12/25)
  • KINGS & QUEENS(12/03)
  • RECENT COMMENTS
  • ohgro(02/28)
  • 水蓮(09/15)
  • ケンケンのしっぽ(08/02)
  • aaa(08/02)
  • ねこまっしぐら(08/01)
  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2013/10/02 08:55)(10/02)
  • まっとめBLOG速報:まとめ【街も人も秋の装い】(11/21)
  • まっとめBLOG速報:まとめ【銀河鉄道の猫】(11/21)
  • ARCHIVES
  • 2018年03月 (1)
  • 2018年02月 (1)
  • 2018年01月 (1)
  • 2017年12月 (2)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (2)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (3)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (2)
  • 2016年06月 (2)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (2)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年06月 (2)
  • 2015年05月 (3)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (2)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (2)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (2)
  • 2014年08月 (2)
  • 2014年07月 (2)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (5)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (3)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (2)
  • 2013年06月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (3)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (2)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (3)
  • 2012年08月 (2)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (3)
  • 2012年05月 (2)
  • 2012年04月 (1)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (3)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年08月 (1)
  • 2011年07月 (3)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (2)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (4)
  • 2010年12月 (2)
  • 2010年11月 (3)
  • 2010年10月 (3)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (3)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (2)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (2)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (2)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (3)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (5)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (6)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (3)
  • 2008年09月 (7)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (5)
  • 2008年04月 (5)
  • 2008年03月 (6)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (4)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年09月 (5)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (6)
  • 2006年07月 (3)
  • 2006年06月 (4)
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年04月 (3)
  • 2006年03月 (6)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (5)
  • 2005年12月 (7)
  • 2005年11月 (5)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (5)
  • 2005年08月 (3)
  • CATEGORY
  • 未分類 (434)
  • LINKS
  • Kulie-Alor official website
  • SEARCH