空中庭園の主
君に光を 大地に花を
揺れる心はプラチナの輝き
昨日のライブというか、有待さんのボーカル・レッスン発表会に来てくださった皆様、ありがとうございました。


発表会的なものを見るのは初めてだったので、どんな感じなのだろうと思っていましたが、これがですね、すごく良かったです。


生徒の皆さん(←高校生から大人の方まで様々です)が、アコギの弾き語りだったり、カラオケに合わせて歌ったりされるわけですが、持ち時間が1人2曲なんですね。


そうすると、皆さん今の自分の心情を伝えたい曲を選ぶことになるわけです。


誰かを想うせつない気持ちだったり、周りの人達への感謝の気持ちだったり、自分はこんな風に生きているといったことを歌われるわけですが、一番伝えたいことだけに、歌にものすごく心が入っているんですね。


なので、心に響く歌が多くて。


ちょっと感動しました。


“自分の感情を歌に託す”というのは音楽をするうえでかなり根源的なことですが、そのことによって生まれる力を改めて感じました。


生徒の皆様、素敵な時間を過ごさせていただいて、ありがとうございます。


ずっと歌い続けて欲しいなと思います。


自分達のライブの時間が近づくに連れて、“こんなに雰囲気のいい発表会の最後に、ガチャガチャしたうるさいロックをやっていいのか?”と思いましたね。


それに、お客さんが知らない人ばかりだし、下村氏やZIGGYの松尾さん、大山さん(←ともに同じスタジオでスクールをされています)なども来場されていて、かなり緊張しました。


ぎぃあああー! と思いましたが、The Teacherz(仮)のライブも楽しかったです。


今回のライブは、


1、「夢見るころ過ぎて」 Action!

2、「優しい嘘」 有待さんオリジナル曲。

3、「ナイトゲームス」 グラハム・ボネットの曲の西城秀樹バージョン

4、「GARAGE」 EARTH SHAKER

5、「Empty Days」 BLIZARD

というセットリストでした。


キテますねぇ。


基本的に有待さんのやりたい曲をやったのですが、すごく良かったです。


歌物ロックというか、要するにメロディアスなジャパメタですので。


歪ませたギターをゴンゴンいわせるバッキングが気持ちよかったし、ギター・ソロも多くてやり甲斐ありました。


個人的には、スロー・チューンの「GARAGE」から「Empty Days」という流れが最高に良くて、入り込んだ状態に行くことができましたし。


場内も、いい感じに盛り上がりましたし。


にゃあー 良かったぞうー \(⌒ω⌒)/


ライブが終わったあとに、声をかけてくださったり、一緒に写真を撮ったりされた皆様、ありがとうございました。


時間がありましたら、ぜひまたライブに来ていただきたです。


Wasted Timeのスタッフの皆様にも、すごく良くしていただきました。ありがとうございます。


いつも応援してくださっている皆様も、ありがとうございます。


4ヶ月ぶりのライブだったこともあり、今日は気抜けして“ボワ~ン”とした感じになってしまい、終日ジミジミと仕事してました。


次回のライブが待ち遠しいです。

スポンサーサイト
【2014/07/29 00:18】 未分類 | トラックバック(0) コメント(6) |
次のページ
PROFILE
TAKA-SAN
  • Author:TAKA-SAN
  • アンドロイドの部屋
  • RSS1.0
  • CALENDER
    06 | 2014/07 | 08
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    RECENT ENTRIES
  • 温かくなりました。(04/22)
  • 桜、咲き始めましたね。(03/26)
  • もう寒いの飽きた。(02/28)
  • そして素に戻る。(02/14)
  • 冬きたりなば春遠からず(02/03)
  • RECENT COMMENTS
  • pekomama(02/26)
  • よちりん(10/12)
  • もけ(09/07)
  • Orion(09/07)
  • よちりん(09/03)
  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2013/10/02 08:55)(10/02)
  • まっとめBLOG速報:まとめ【街も人も秋の装い】(11/21)
  • まっとめBLOG速報:まとめ【銀河鉄道の猫】(11/21)
  • ARCHIVES
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (3)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (2)
  • 2016年06月 (2)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (2)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年06月 (2)
  • 2015年05月 (3)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (2)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (2)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (2)
  • 2014年08月 (2)
  • 2014年07月 (2)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (5)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (3)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (2)
  • 2013年06月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (3)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (2)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (3)
  • 2012年08月 (2)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (3)
  • 2012年05月 (2)
  • 2012年04月 (1)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (3)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年08月 (1)
  • 2011年07月 (3)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (2)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (4)
  • 2010年12月 (2)
  • 2010年11月 (3)
  • 2010年10月 (3)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (3)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (2)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (2)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (2)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (3)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (5)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (6)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (3)
  • 2008年09月 (7)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (5)
  • 2008年04月 (5)
  • 2008年03月 (6)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (4)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年09月 (5)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (6)
  • 2006年07月 (3)
  • 2006年06月 (4)
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年04月 (3)
  • 2006年03月 (6)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (5)
  • 2005年12月 (7)
  • 2005年11月 (5)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (5)
  • 2005年08月 (3)
  • CATEGORY
  • 未分類 (422)
  • LINKS
  • Kulie-Alor official website
  • SEARCH