空中庭園の主
君に光を 大地に花を
一途な女 レティシア。
昨日のLa Songerie(NOVELAのカバーバンド)のライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。


ボーカルの金森さんが体調を崩して入院するというアクシデントがあり、ライブ当日は歌うどころか、立っているのもやっと…という状態になってしまいまして。


本人も途中で倒れるかもしれないと真顔で言いつつ、でもライブはやると。


じゃあ、なにかあったら歌えるメンバーが歌うか…的なことになりまして。


アンジーさんが来られたら、1曲くらい飛び入りがあるかもということになっていたわけですが、アンジーさんはレコーディングをされていて、来られるとしても何時になるか分からなかったんですね。


他のバンドのライヴが始まった中、“参ったなぁ…”と思いつつライブハウスの外に出て(←小屋の中はケータイが圏外だった)、「アンジーさん、何時ごろ来られますか?」というメールを送ったら、なんと駅のほうから歩いてくるアンジーさんの姿が!


ぎゃあぁぁー! アンジー様っっ!! \(〇ω〇)/゜。


と駆け寄り、事情を話したところ「そうなんだ。じゃあ、僕がサポートして一緒に歌うし、もしもの時は僕が変わるよ」と言ってくださったんです。


「ええっ? だって、リハはおろか、声出しすらしてないじゃないスか」


「いや、大丈夫。なんとかなると思うよ」


ままままじスかぁー!! \(TωT)/ ←感涙


ということで、急きょアンジー様とイスに腰かけて歌う金森さんのツイン・ボーカル体制でのライブとなりました。


金森さん、かなり状態がよくないのにがんばって歌いましたし、最後は立って歌ったという。


音楽やライブが人に与えるパワーの大きさを、改めて感じました。


素晴らしいですね。


個人的には、3年連続でアンジー様と同じステージに立つことができて、感動ひとしおでした。


あと、「星降る夜のおとぎ話」をやれたのがね……感無量でした (TωT)


何度か、このブログのタイトルに使ったことからも分かると思いますが、すごく思い入れのある曲なんです。


初めてNOVELAのライブを観た時(←Girlのオープニング・アクト)に、1曲目にやったのが「星降る夜のおとぎ話」でしたし。


ライブ中に、TERU様が歌うパートを自分がライブで歌う日が来るとは…と思い、「♪ しぃ~ずかな 今宵を待てば」と歌いながら、あっちの世界に行きそうになりました。


「調べの森」をやれたのも嬉しかったですし。


あと、今回はパンキーさんのギターの音との相性などを考えて、久しぶりにストラトを使ったんですね。


それも良かった。


ストラト良かった。


それに、お客さんも沢山来ていて、知ってる人も、初めて会う人も、みんな笑顔でライブを観てくれていて。


最高でした! オレ、ずっと笑顔だった気がしますっっ!!


良いライブでした \(^ω^)/


ベーシストのカミーユやドラマーの堀江さんを始め、会場に行ってみたら他にも久しぶりに会う人が大勢いて、それも嬉しかったです。


皆様、本当にありがとうございます。


特に、アンジー様には、言葉では言い尽くせない感謝を感じております。


アンジー様が参加してくださらなかったら、あんなに良いライブにはならなかったのは間違いないです。


ご恩返しをせねば……と思っております。


猫の恩返し。


ニャー。


ただ、良いライブでしたが、万全な状態のライブではなかったので。


NOVELAでリベンジしたいなと思っております。


あと、来年の2月に、KIZZもありますー。


年内に、もう1本くらいライブができると良いんですけど…。


なにか決まりましたらブログにアップしますし、KIZZの詳細も今度書きますね。



みんなが笑顔と共にありますように。



オレもがんばりますー \(^ω^)/

スポンサーサイト
【2016/10/10 03:22】 未分類 | トラックバック(0) コメント(13) |
PROFILE
TAKA-SAN
  • Author:TAKA-SAN
  • アンドロイドの部屋
  • RSS1.0
  • CALENDER
    09 | 2016/10 | 11
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    RECENT ENTRIES
  • 盛夏 花火 蝉の声(08/01)
  • 「はっ? 下ネタですが、なにか?」 by 永野氏(07/12)
  • 夜を彷徨う(06/19)
  • 仮装広場(05/30)
  • 連続 ハードデイズ・ナイト(05/24)
  • RECENT COMMENTS
  • ケンケンのしっぽ(08/02)
  • aaa(08/02)
  • ねこまっしぐら(08/01)
  • ひろぴ(07/26)
  • ひろ(07/12)
  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2013/10/02 08:55)(10/02)
  • まっとめBLOG速報:まとめ【街も人も秋の装い】(11/21)
  • まっとめBLOG速報:まとめ【銀河鉄道の猫】(11/21)
  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (2)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (3)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (2)
  • 2016年06月 (2)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (2)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年06月 (2)
  • 2015年05月 (3)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (2)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (2)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (2)
  • 2014年08月 (2)
  • 2014年07月 (2)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (5)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (3)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (2)
  • 2013年06月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (3)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (2)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (3)
  • 2012年08月 (2)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (3)
  • 2012年05月 (2)
  • 2012年04月 (1)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (3)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年08月 (1)
  • 2011年07月 (3)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (2)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (4)
  • 2010年12月 (2)
  • 2010年11月 (3)
  • 2010年10月 (3)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (3)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (2)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (2)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (2)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (3)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (5)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (6)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (3)
  • 2008年09月 (7)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (5)
  • 2008年04月 (5)
  • 2008年03月 (6)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (4)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年09月 (5)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (6)
  • 2006年07月 (3)
  • 2006年06月 (4)
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年04月 (3)
  • 2006年03月 (6)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (5)
  • 2005年12月 (7)
  • 2005年11月 (5)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (5)
  • 2005年08月 (3)
  • CATEGORY
  • 未分類 (427)
  • LINKS
  • Kulie-Alor official website
  • SEARCH