空中庭園の主
君に光を 大地に花を
ROCK'N'ROLL LIFE
昨日のブリザード・トリビュート・バンドのライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。


あらがとにゃー \(⌒ω⌒)/


前回と少し選曲が違って、今回は「OVER HEART」と「LOVE ME TONIGHT」「FOLLOW ME」をやりました。


「OVER HEART」と「LOVE ME TONIGHT」は最近やりましたけど、「FOLLOW ME」は完全にBLIZARDの中期以来でした。


なので、どんなことを弾いていたのか、もうサッパリ忘れてしまっていて。


バッキングはすぐに思い出したけど、ギター・ソロがね。


全く覚えていないし、ツインリードだから、ちゃんとコピーしないといけないという。


うーん…と思いながら音源を聴いたら、ツインリードではなくて、トリプルリードだったという。


にゃううぅぅううー!!


ここここれは、わからんぞ… (○ω○)゜。


というわけでビビリましたが、なんとかコピーできました。


「FOLLOW ME」を本番で演奏したら、いきなりいろんな思い出が“ブワァーッ!”と湧きあがってきて。


かなり気持ちが入りました。


「FOLLOW ME」、良い曲ですね。


Ranさん、やはり偉大です。


昨日のライブの後に気づいたことですけど、BLIZARDやメタル・ライブの時は演奏重視になりますね。


意識しているわけではなくて、自然とそうなるという。


メタルは基本的な演奏レベルが高いので、演奏に集中せざるを得ないというのもありますけど。


だから弾いててやり甲斐を感じるけど、あまり動けない。


さらに昨日は、間違えてはいけないという意識が強く働いてしまって。


見た目的に、ちょっと地味だったんじゃないかなという気がします。


それが残念…。


自分がライブで表現したいのは、そういうものじゃないんじゃないか…的な。


まだまだ修行ですね。


でも、それが楽しいんですけど 。


この歳になってまだ未完成というのは、どうなんだ…とも思いますけど、これからも見守っていただければと思います。


昨日も皆さんの笑顔や言葉に、たくさんの元気をもらいました。


“観にきて良かった”と思ってもらえるライブができるように頑張ります。



次のライブは、6月28日のNOVELA&メタル・セッションです。


NOVELAでは、ブリザード・トリビュートともKIZZともまた違う自分になるんじゃないかなという気がしていて。


それを、自分でも楽しみにしています。


時間がある方は、ぜひ観に来てくださいね。


引き続き、よろしこお願い致します (⌒ω⌒)
スポンサーサイト
【2015/05/07 00:27】 未分類 | トラックバック(0) コメント(10) |
<<夕暮れに窓を空けて流すぜ、環8 | ホーム | ロビン・クロスビーも好きでした。>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/05/07 02:00】 | #[ 編集]
実は今回もまだまだちょっと考えようかなと思っていたのですが、ひょんなことからチケットが手に入り、今回とうとう拝見しました。

いや〜、今回実感したのは、やはりハードな生音を聴くと身体が自然と動いてしまって、メタルは実は元々は嫌いだったけれどもなんだかんだもう自分の血となり肉となっているんだ…ってのを、昨日はトルネードさんの演奏で感じたのでした。

トルネードにブリザード。確かに嵐が吹き荒れていましたね。

ショローランナーとてらちんが仰っていましたが、それを言ふなら、しょろーみーもありなんではBut!(使い方違う)

しょろー、いやフォローミーはカラオケ(JOYSOUND)にありますので、そんなに懐かしくはなかったのですが(おい、甥)

段々ボルテージが上がってきた私はエアギターならぬエアマイクで本当に歌っていました。振り上げていた拳がいつの間にか、こう……

しかし、LOVE ME TONIGHTは華やかな曲なんだけど何処か秘められた哀しさ、儚さがあるんですよね。孝さんのソロ… 息を止めるようにして観てました。胸がちょっと苦しかった…切なかったですね。

今回はアルバムHOT SHOT中心という感じに感じました。ならば終わってからのSEもSail Aloneにして欲しかった… (アレでないと終わった気がしないのです)

客席は懐かしい顔があり、また今回新しく出会った人たちありだったけれど、とても一体感があったと思います。

その様々な顔が点在する空間に、かつてのあの名曲たちが繰り広げられたというのがやはり今考えると魔法のようです。

ライブでエアマイクになったのも初めてのことでした。もう、これは理屈じゃないんだなァ…と(^^;;

押し込めようとしても、やはり一人一人の心の中にきっと染み込んでいて、それが時を超えてもパンドラの箱のように開かれると揺さぶり続けるんですね。

高円寺のあの通りは、昔の大宮に似ているなと思いました(あのガラの悪さ?が)
前がコンビニもナイス。

お疲れ気味?!タカさんの血色の悪さがチョット気になりましたけど、ゆるゆるトークが更に円熟味を増して不思議暴走トークになってたのでヨシとしましょうか?!(着地点が見えず終了の次回に期待)
【2015/05/07 02:36】 URL | 初老ランナー(フールズゲーム) #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/05/08 08:40】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/05/09 09:54】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/05/10 22:34】 | #[ 編集]
もう2週間も経ってしまいましたが…。
去年の12月に続いて、今回もBLIZARDトリビュードバンドのライブを観ました。
前回は下手側、孝之さんがよく見える場所だったのですが、今回は整理番号はあまり変わらないのに、下手側は何故か男性が前に多くて、身長の低い私は全くステージが見えなくて…。
何とか人の間からチラチラと見える場所に移動しましたが、どちらかというと、若井さんの方が見えた位置にいました。
今回はMCも少なく、演奏重視だった気がして、それはそれで、色々な曲が聴けて、大満足だったのですが、孝之さんの動きが少なかったような!?
時間的な事もあったと思いますが、もうちょっとお喋りも聞きたかったです!!

まだまだ聴きたい曲もたくさんあるので、また、やる機会があったら、絶対に参加します♪

対バンのTORNADO GRENADEも若いのに上手くて安心して聴けたし、今後、期待出来るバンドだと思いました。

なんかとりとめが無いですが、やっぱりBLIZARDの曲っていいな!カッコいいな!!
って改めて感じました。






【2015/05/18 22:52】 URL | ケンケンのしっぽ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/05/21 21:18】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/05/24 00:33】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/05/25 00:40】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/06/30 23:17】 | #[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://marzytaka.blog18.fc2.com/tb.php/392-d09748b0
PROFILE
TAKA-SAN
  • Author:TAKA-SAN
  • アンドロイドの部屋
  • RSS1.0
  • CALENDER
    08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    RECENT ENTRIES
  • Back To Boy(09/12)
  • 盛夏 花火 蝉の声(08/01)
  • 「はっ? 下ネタですが、なにか?」 by 永野氏(07/12)
  • 夜を彷徨う(06/19)
  • 仮装広場(05/30)
  • RECENT COMMENTS
  • 水蓮(09/15)
  • ケンケンのしっぽ(08/02)
  • aaa(08/02)
  • ねこまっしぐら(08/01)
  • ひろぴ(07/26)
  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2013/10/02 08:55)(10/02)
  • まっとめBLOG速報:まとめ【街も人も秋の装い】(11/21)
  • まっとめBLOG速報:まとめ【銀河鉄道の猫】(11/21)
  • ARCHIVES
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (2)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (3)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (2)
  • 2016年06月 (2)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (2)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年06月 (2)
  • 2015年05月 (3)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (2)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (2)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (2)
  • 2014年08月 (2)
  • 2014年07月 (2)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (5)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (3)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (2)
  • 2013年06月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (3)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (2)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (3)
  • 2012年08月 (2)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (3)
  • 2012年05月 (2)
  • 2012年04月 (1)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (3)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年08月 (1)
  • 2011年07月 (3)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (2)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (4)
  • 2010年12月 (2)
  • 2010年11月 (3)
  • 2010年10月 (3)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (3)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (2)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (2)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (2)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (3)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (5)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (6)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (3)
  • 2008年09月 (7)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (5)
  • 2008年04月 (5)
  • 2008年03月 (6)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (4)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年09月 (5)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (6)
  • 2006年07月 (3)
  • 2006年06月 (4)
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年04月 (3)
  • 2006年03月 (6)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (5)
  • 2005年12月 (7)
  • 2005年11月 (5)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (5)
  • 2005年08月 (3)
  • CATEGORY
  • 未分類 (428)
  • LINKS
  • Kulie-Alor official website
  • SEARCH