FC2ブログ
空中庭園の主
君に光を 大地に花を
ロマンスプロムナード
“私が歌うロマンスよ あの人幸せにして”


というわけで、昨日のNOVELARのライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。


ありがにゃー \(^ω^)/


昨日はライブをするにあたって、結構いろんなことを考えました。


一番考えたのは、自分がライブをする意味ですね。


“自分自身のためにやる”というのは当たり前で、それ以外の部分です。


いろんなことを考えていくうちに、なんだかよく分からない感じになってきまして。


しかも、ギターを弾くことが、ややスランプな状態になりまして。


追い打ちをかけるように、当日は暴風雨になるかもしれないという予報が出まして。


5月3日が迫ってくる中、“ライブって、そんなに楽しいかな?”と思ったりするようになってしまったという。


そんな状態で当日を迎えたわけですが。


会場入りして、リハをしたり、他のバンドさんのリハを見たり、メンバーと話をしたりするのがすごく楽しくて。


本番前にめっさ緊張しましたけど、それも良くて。


それに、ライブそのものが、ものすごく楽しかったです。


昨日は他のバンドさんを見に来られたお客さんも大勢いらしたわけですが、客席が笑顔で溢れていました。


そう、これだよな…的な。


いつもライブに来てくれている人はもちろん、初めて会う人とも音楽を通して笑顔のやり取りをするという。


ギターを始めて、人前で演奏するようになってから、自分はずっとそれを繰り返してきていて。


そして、その瞬間は人生を超える。


だから、やめられないんだなと改めて思いました。


昨日NOVELARのライブを見てくださった皆様、本当にありがとうございます。


しかもですね、帰宅してから分かったのですが、昨日は名古屋から来てくれた男性の方がいたんです。


女性のお客さんが嬉しいのは言うまでもありませんが、やはり男子は一層嬉しいです。


うれすぃ、うれすぃ、ありがにゃー \(^ω^)/


機会があったら地方にも行きたいと思っていますので、その時もよろしくお願い致します。


ただですね、NOVELAファンの方をガッカリさせないために、昨日はバカは封印しようと思っていたのですが……。


ダメでしたね。


ハハッ


美しいNOVELAの世界がぶち壊しだと思われた方は、本当に申し訳ありません……。


ごめんにゃうー (TωT)


そういえば、昨日のライブはいつも取材をさせてもらっているバンドのドラムの方が観に来られたんですね。


終演後にメールが来て、“MC凄いっスね”と書いてありました。


“えっ、そこ?”…的な。



今日は1日全身筋肉痛でしたが、気抜けしてしまった感じはなかったです。


それは、次にやるべきことがあるからだと思います。


そこに向けて、またがんばります。


また皆さんと笑顔を分かち合いたいと思っていますので、これからもよろしくお願い致します。



よろしこにゃー \(^ω^)/


スポンサーサイト
【2018/05/05 01:45】 未分類 | トラックバック(0) コメント(8) |
<<マンションの駐車場にタヌキがいました。 | ホーム | 月に見とれる>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2018/05/05 05:10】 | #[ 編集]
王子様のMCをあおってしまった感がありますが。本当に楽しいライブでした。
真正ノヴェラーの私としては、アンジーがとてもいい笑顔で、幸せそうに歌っているのが、ありがたやー、現人神が王子様のパワーで輝いている!と。
いいライブをありがとうございます!
次回また期待しておりますm(_ _)m
【2018/05/05 08:55】 URL | みさき #MJIT/aOk[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2018/05/05 10:01】 | #[ 編集]
NOVELAR お疲れ様でした(^o^)

私も実は、日々仕事で体力消耗する中、
3日のお天気は最悪ときいていたので
「明日はコレで夜渋谷かよ!!」

なんて風にも思っていたんですが、
やはり目撃してよかったです。

3年前にお見かけした時よりも、
タカサンもすっかり本当のタカサン?!
に戻っていた気がしました。

私が最近思うのは、
"プロのアーティスト"というのは
「ファンの"夢"を叶える人たち」
なんじゃないかということです。

一人一人、其々の心の中に
また違った夢がひとつひとつ
あるのだと思いますが、

日々鍛錬し、時には葛藤しながらも、
覚悟してステージに立った人は、
いつのまにか自分の意志とは関係無く、
ロックの魔法、音楽の魅力に魅せられて、
そこに一夜の夢を創りあげる。

そして、観る側が笑顔に包まれたなら、
それを創りあげることが出来た人たちは
プロだと思います。

そして改めて、NOVELAというバンドが
如何に偉大であったかを知らされました。

ありがとうございました(^-^)
【2018/05/05 22:04】 URL | デビューノヴェラー #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2018/05/06 17:11】 | #[ 編集]
NOVELA 大好き歴 30数年 少女だった私もしっかり大人になりました(笑)いいなぁ 田舎にいるとライブに行けないです。ブログで妄想するしかないなー(T_T) アンジー様やタカさんのプレイ妄想するしかないなー(T_T) ナイトメアとか演ったのかなーとか。タカさんの言う笑顔にする音楽 素敵な言葉です。その通りです。
いつか聴きに行くことを実践できるように元気でいなくちゃ(笑)
夏のてらちんさんデビュー35周年記念ライブにも出ますよね。成二郎さんとか。ブリザードの曲もバリバリ演奏するんですよね。いいな(T_T)
海と山に囲まれた田舎から応援してます!頑張って👍
【2018/05/12 12:55】 URL | 水蓮 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2018/05/18 17:06】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2018/05/29 00:03】 | #[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://marzytaka.blog18.fc2.com/tb.php/444-222933df
PROFILE
TAKA-SAN
  • Author:TAKA-SAN
  • アンドロイドの部屋
  • RSS1.0
  • CALENDER
    08 | 2018/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    RECENT ENTRIES
  • すべての悲しみが癒されますように。(09/12)
  • 光の中でノイズを放つ(08/06)
  • KIZZのチケット予約に関して(08/03)
  • 土曜の夜はROCK!(08/02)
  • おまえのハートを撃ち落とせるなら~ ♪(07/07)
  • RECENT COMMENTS
  • ちゅんちゅん(08/03)
  • June(07/27)
  • よっちゃんぺ(07/16)
  • ねこまっしぐら(07/07)
  • 水蓮(05/12)
  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2013/10/02 08:55)(10/02)
  • まっとめBLOG速報:まとめ【街も人も秋の装い】(11/21)
  • まっとめBLOG速報:まとめ【銀河鉄道の猫】(11/21)
  • ARCHIVES
  • 2018年09月 (1)
  • 2018年08月 (3)
  • 2018年07月 (1)
  • 2018年06月 (1)
  • 2018年05月 (2)
  • 2018年03月 (1)
  • 2018年02月 (1)
  • 2018年01月 (1)
  • 2017年12月 (2)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (2)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (3)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (2)
  • 2016年06月 (2)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (2)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年06月 (2)
  • 2015年05月 (3)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (2)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (2)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (2)
  • 2014年08月 (2)
  • 2014年07月 (2)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (5)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (3)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (2)
  • 2013年06月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (3)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (2)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (3)
  • 2012年08月 (2)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (3)
  • 2012年05月 (2)
  • 2012年04月 (1)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (3)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年08月 (1)
  • 2011年07月 (3)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (2)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (4)
  • 2010年12月 (2)
  • 2010年11月 (3)
  • 2010年10月 (3)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (3)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (2)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (2)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (2)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (3)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (5)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (6)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (3)
  • 2008年09月 (7)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (5)
  • 2008年04月 (5)
  • 2008年03月 (6)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (4)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年09月 (5)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (6)
  • 2006年07月 (3)
  • 2006年06月 (4)
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年04月 (3)
  • 2006年03月 (6)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (5)
  • 2005年12月 (7)
  • 2005年11月 (5)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (5)
  • 2005年08月 (3)
  • CATEGORY
  • 未分類 (442)
  • LINKS
  • Kulie-Alor official website
  • SEARCH