空中庭園の主
君に光を 大地に花を
旅の途中
もう、ご存じの方は多いと思いますけど、念の為。D.E.F.T.の次回ライブは、11月19日(日)から11月18日(土)に変更となりました。間違えないでくださいね。


話は全く変わって。


つい最近、自分のミュージシャンとしての活動を振り返る機会があったんですね。まぁ、アマチュア時代はさておき、BLIZARD以降ですけど。


BLIZARDの俺のパートは、“リズムギター&コーラス”でした。客観的に言うと、なんともハンパな役割ですね。でも、しかたない…というか。俺はヘビメタには欠かせない“超速弾き”とか、タッピングやスィープ・ピッキングを使ったテクニカルなギター・ソロは弾けなくて(っていうか、そういうプレイに全く興味がなかった)。じゃあ、エモーショナルなプレイに秀でているかといえば、その部分に関してずば抜けていたRanさんに比べたら、足元にも遠く及ばなかった…という。


そんな訳で、リズム・ギタリスト。「BLIZARDって、TAKAYUKIってヤツは必要なの?」とか言われて落ち込んだこともあったけど、基本的に楽しんでプレイしてましたね。自分がやれることを、精一杯やればいいか…って感じで。


その後、ブルースとかR&Rをやるバンドを始めて、ギター・ソロも弾くようになって。「俺もやっとリード・ギタリストです」みたいな。で、RAZZBERRY DOLLで、初めてギター1本のバンドを経験して。クリアートーンのカッティングとかをやるようになったのも、RAZZBERRY DOLLからでした。


その後、DEEP STONEを経て、Innocent Arkへ。Innocent Arkは俺にとって初めての“本格的なギター1本バンド”でした(RAZZBERRY DOLLは、キーボードの打ち込みを多用してたので)。あのバンドでは、バッキングとかギター・ソロを弾くのはもちろん、曲の世界観作りもギターでやる必要があって。大変だったけど、やり甲斐ありました。


それ以上に大きかったのが、曲作りに目覚めたことですね。さらに、Innocent Arkの後期には歌詞も少しずつ書くようになって。その後、EASY TAG、Labrittを経て、自分で歌うようになった…という。


こうしてみると、俺ってすごく歩みが遅いと思いませんか?


曲を作って、詩を書いて、歌って、ギターも弾く…なんて、特別なことではなくて。早い人は10代からやってますからねぇ。そういう人と比べたら、“遅咲き”とか言うのも恥ずかしいくらい、のろい。


とはいえ、そんな活動歴に後悔は全くありません。


ゆっくり歩いてきたからこそ、今でも音楽に夢中でいられる部分があると思うので。それに、歌は当然として、ギターも曲作りも作詩も、全てに関して、俺は“まだまだ”ですからね。全部を、もっともっとスキルアップしないとな…と思ってワクワクしてるという。


まぁ、これからも自分のペースでやっていくと思いますけど。


いろんなバンドでの活動を通して、俺のことを知って応援してくれてる皆様、本当にありがとうございます。いろんな事情で接することがなくなってしまった人もたくさんいますけど、いつか“フッ”と俺のことを思い出したら、ライブに来て欲しいと思います。続けられる限り音楽は続けて、常に“今の自分”を見せられる存在でありたいと思っていますので。


俺の場合、音楽に飽きるってことは多分ないと思います。


スポンサーサイト
【2006/10/24 01:57】 未分類 | トラックバック(0) コメント(8) |
<<2006.11.1 | ホーム | 仕事で福岡にも行きました。>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/10/24 11:24】 | #[ 編集]
孝サンらしい優しい文章が大好きです。
いつか、必ず、ライブに行きますネ!
【2006/10/24 15:35】 URL | meg #-[ 編集]
昨日夕方に見たニュースで、普通の人の倍の早さで年をとってしまう病気にかかった人々が病気と闘いながらそれでも尚頑張って生きて行く様子が報じられていました。私達一般人はごく普通に肉体的にも年を取りますが、火星の時間と地球の時間とでは時差が余りにも大きいということにごく最近ふと気づきました。火星では少しずつ少しずつ緩やかに「進化」していくんですね。私はまた元の世界に戻りつつありますが、また気が向いていつ行ったとしてもすぐさま『非日常』の世界に連れてってくださいネ!それが「お仕事」の『ロッカー』でしょうから…☆
【2006/10/25 11:50】 URL | よっし #CijUTDLE[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/10/25 16:24】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/10/26 00:44】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/10/26 11:58】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/10/26 20:06】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/10/30 20:49】 | #[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://marzytaka.blog18.fc2.com/tb.php/73-9e3440a4
PROFILE
TAKA-SAN
  • Author:TAKA-SAN
  • アンドロイドの部屋
  • RSS1.0
  • CALENDER
    08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    RECENT ENTRIES
  • Back To Boy(09/12)
  • 盛夏 花火 蝉の声(08/01)
  • 「はっ? 下ネタですが、なにか?」 by 永野氏(07/12)
  • 夜を彷徨う(06/19)
  • 仮装広場(05/30)
  • RECENT COMMENTS
  • 水蓮(09/15)
  • ケンケンのしっぽ(08/02)
  • aaa(08/02)
  • ねこまっしぐら(08/01)
  • ひろぴ(07/26)
  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2013/10/02 08:55)(10/02)
  • まっとめBLOG速報:まとめ【街も人も秋の装い】(11/21)
  • まっとめBLOG速報:まとめ【銀河鉄道の猫】(11/21)
  • ARCHIVES
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (2)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (3)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (2)
  • 2016年06月 (2)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (2)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年06月 (2)
  • 2015年05月 (3)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (2)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (2)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (2)
  • 2014年08月 (2)
  • 2014年07月 (2)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (5)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (3)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (2)
  • 2013年06月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (3)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (2)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (3)
  • 2012年08月 (2)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (3)
  • 2012年05月 (2)
  • 2012年04月 (1)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (3)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年08月 (1)
  • 2011年07月 (3)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (2)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (4)
  • 2010年12月 (2)
  • 2010年11月 (3)
  • 2010年10月 (3)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (3)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (2)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (2)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (2)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (3)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (5)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (6)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (3)
  • 2008年09月 (7)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (5)
  • 2008年04月 (5)
  • 2008年03月 (6)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (4)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年09月 (5)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (6)
  • 2006年07月 (3)
  • 2006年06月 (4)
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年04月 (3)
  • 2006年03月 (6)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (5)
  • 2005年12月 (7)
  • 2005年11月 (5)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (5)
  • 2005年08月 (3)
  • CATEGORY
  • 未分類 (428)
  • LINKS
  • Kulie-Alor official website
  • SEARCH