空中庭園の主
君に光を 大地に花を
酉年です。
あけましておめでとうございます。


にゃー おめどと、おめどと (^ω^)


ことよろにゃあー \(^ω^)/


皆様、どんなお正月をお過ごしでしょうか?


今年の東京は穏やかに晴れた、良い元日でした。


午後から母のところに行き、今年は母に替わって双子兄が作った雑煮を食べたのですが、美味くてビックラしました。


他のいろんな食べ物の盛り付けも兄がしたのですが、盛り付け方が綺麗だし、ハムがスライサーを使ったように薄く切ってあったりして、二度ビックリ。


にゃあー、兄すごいぞうー \(^ω^)/ ←お前もなんかやれ。


うむ、良い正月ぢゃ。


夕暮れの三日月と星が、すごく綺麗でした。


去年の年末もバタバタしてしまい、30日になってようやく年賀状を作り、夜に印刷を始めたんですね。


そうしたら途中でプリンターのインクが無くなってしまったという。


にゃああぁぁぁああああー!! 今、夜中の12時とかだぞ!!


ヤマダもコジマも、もう閉まってるぞ!! (〇ω〇)゜。


慌ててネットで調べたら、うちの近くの電器屋が大晦日も営業していることが分かって一安心。


大晦日の午後にコロ助で電気屋に行ったら、道はガラガラなのに電器屋は混んでて、なんでだろう?…的な。


レジ待ちの列に並んだ瞬間“ハッ!”と気づきました。


皆さん、プリンターのインクを持っていたのです。


ハハハッ!! \(^ω^)/


そして、大晦日中になんとか年賀状を書き上げ、年越し直前にポストに投函しました。


うーん、なんか去年も同じような感じだった気がするぞ…。


毎年年越し前後は音楽を聴く、もしくはギターを弾いて「ハードロックで年明けだ! 今年もガンガンいくぜぇー!」とばかりに“初ROCK”するのですが、今年はそういう気分にならなくて。


DURAN DURAN、ディペッシュモード、キュアー、カルチャークラブなどを、ドォーッと聴きました。


耽美な年明けだなぁ…的な。


でも、その後レスポールもどきを引っ張り出して、結局KISSを弾き倒しましたけど。


ハハハッ!!


去年の年始のブログに、「今年は穏やかな1年でありますように」的なことを書いたと思いますが、去年は結構いろんなことがあって、どちらかというと激動の1年でした。


生きているといろんなことがあって、そのたびに浮き上がったり、沈んでいったり。


考えてみると、もっとスリリングな1年も過去にはあったし。


人生というのは、そういうものなんですね。


とはいえ、今年はもう少し平穏な年になると良いなと思います。


そして、皆さんが笑顔と共にありますように (^ω^)


今年もよろしくお願い致します。


2月11日のライブも、よろしこお願い致します。


なるべくブログも書くようにします。


なので、みんなオレのこと忘れないでおくれにゃー \(^ω^)/


【2017/01/02 00:37】 未分類 | トラックバック(0) コメント(13) |
来年の話だ、シモンズが笑うぞ。
ががーん! \(〇ω〇)/゜。


10月のNOVELAライブから後、ものすごくバタバタになって忘れていたというか、告知していたつもりになっていたのですが。


来年2月11日(土)に、KIZZでライブをやりますっっ!!


告知が遅くなってしまって、本当に申し訳ありません…。


場所は、沼袋のアミューズメントプレイスSEL(旧サンクチュアリ)で、元Angel Kissのタカアキ(vo)率いるベイシティローラーズのトリビュートバンド、JCRとの対バンライブです。


出るのは2バンドだけですー (^ω^)


KIZZは出番が先で、18時から1時間ほどのステージになる予定です。


8時じゃないぞ、6時からだぞうー (^ω^)


時間帯が早くて、見やすいライブとなっております。


チケット代は¥2,500-(別途ドリンク代¥500-)です。


今回のKIZZはですね、バンドとしても、個人的にも、また新たなテイストを、お見せできるんじゃないかなーと思っております。


毎回同じような感じだと、皆さん飽きてくるでしょうし。


というか、オレは飽きてシマウマ。


なので、楽しみにしていて欲しいです。


あと、今回もこのブログでもチケットの予約をさせていただきますので。


いつも通り、お名前と、チケット枚数、好きなメンズのタイプなどを、非表示で送っていただければと思います。


2月は真冬で極寒かもしれないけど、そんなもんフッ飛ばすような熱いライブをしてやるぜ。


なので、どしどしご来場くださいー \(^ω^)/


来てくれなかったら鳴くぞ。


ニャー


よろしこお願い致します。


今年の振り返りなどは、近日中に改めて書きますー。

【2016/12/29 02:59】 未分類 | トラックバック(0) コメント(3) |
しわすを走る。
クリスマスですた。


にゃあー めりくま! めりくま!


もう終わってしまうけど、めりくまぁー!! \(^ω^)/


本当は昨日ブログを書きたかったのですが、今日(25日)の午前中から取材が入ってしまい、昨夜は早寝をしないとヤバいぞうー…という状況だったという。


早く寝ないといかんのに仕上げないといけない原稿があって、結局寝たの午前3時半とかだったんですけど。


目覚ましかけて寝たのに、なぜか目覚ましが30分遅れで“テロテロテロ…”とか鳴りやがって。


目が覚めるなり、大慌てで用意して、ドタバタと家を出る…的な。


激眠ですた……( ̄ω ̄)


そして、夜はライブ取材で武道館に行きました。


そんなわけで、今年もクリスマス感はゼロでした。


ナッシング(〇ω〇)


ここ何年もずっとそんなクリスマスで、どいひーどいひー、クリスマス感味わせておくれにゃあー…と嘆いていたけど、今年は気にならなかったです。


というのはですね、前回ブログを書いた後に、村上一族にとってすごく大事な人が大変なことになりまして。


医師様に、ちょっと覚悟してください…的なことを言われてしまいまして。


“ええっ!”という事態でしたが、その後医師様も驚くほどの回復ぶりを見せて、昨日戻ってきたんです。


よかった、よかったようぅぅー \(TωT)/


それが一番のプレゼントだな…的な。


なので、今年はクリスマス感なくても良いかなと。


入院中に何度か見舞いに行ったんですけど、今年は紅葉がすごくきれいでしたね。


特にオレンジ色がきれいで心を奪われるわけですけど、心配ごとを抱えているためか現実感がなくて。


夢を見ているような感覚というか、人の世そのものが不確かな感じがしてくる…的な。


“幻の夏”に続いて“幻の秋”という感じになりました。


そういえば、前回のブログを読んで、“なぜ、幻の夏なんだろう?”と思った方もいるでしょう。


オレは“夏が大好き、夏男(なつお)君”で、夏のすべてを感じたいんですね。


今年の夏は半袖のシャツを着ると、こう見えて実は茶柄猫なんです…ということがバレてしまう状態だったので、ずっと長袖のシャツを着ていたんです。


にゃうー 半袖シャツ着ないと夏っぽくないぞ (TωT)


そうこうしている間に夏が終わってしまったという。


にゃああぁぁぁああー!! 夏カムバック!! \(TωT)/


夏の間は会う人会う人に、「なんで、この暑い中、長袖着てるの?」と聞かれまして。


昔から知っているバンドを取材した時も「なんで?」と聞かれたので「いや、ちょっとやってしまって」と応えたら、タトゥーを消そうとしている最中だと勘違いされまして。


「違います! 違います! そういうのじゃないっスー!!」的な。


ハハッ!


来年の夏は半袖着たいようー (TωT)


とここまで書いて突然思い出したけど、先日電車に乗っていたら、お母さんに連れられた3歳くらいの女の子が半ベソをかいて、グズりながら電車に乗ってきて。


しばらくグズグズいった後、突然「あれ? あたし、なんで泣いてたんだっけ?」と言ったという。


お母さんも笑ってしまって、「しらないよ」と言ってました。


女の子、かわいいですね (^ω^)


年内にもう一回ブログを書こうと思っておりますー。



書いているうちにクリスマス終わってしまいましたが、みんながいつも笑顔で、そこに温かい光が降り注ぐことを願っています。


【2016/12/26 00:35】 未分類 | トラックバック(0) コメント(2) |
幻の夏
お久しぶりでございます。


すっかり秋になってしまいましたが、皆様お元気でしょうか?


オレは元気にしていますが、前回ブログを書いてから、もんのすごく忙しくなりまして。


にゃー! にゃあー! にゃあああぁぁああー!! \(〇ω〇)/゜。


カシャカシャカシャカシャ… ←パソコンを打つ音


と締切に追われ、気がつけばブログ放置になっていました。


今日、やっと一息つきました (^ω^)


なんか知らんけど、ものすごく忙しくなる時があるんですよねぇ。


今年の5月もそうでした。


ゴールデンウィークの影響でギグ〇の取材ができなくて、ほぼ全部の取材がゴールデンウィーク明けに集中したという。


取材日程でいうと、いつもより相当遅いです。


なのですが、締切はいつもと変わらないので。


もうね……修羅場でした。


しゅらしゅら。


こここ、これはさすがに無理かもしれんと思いつつ、なんとか終わらせまして。


ああ、よかった、よかったと思っていたら、数日後に、なんと全身に湿疹が出たという。


にゃあああぁぁああー!!


さすがにこれはヤバいと思い医者に行きました。


よろよろ…。


飲み薬と、塗り薬を出してくれたのですが治まらなくて。


寝ると痒くなるんですよね、全身が。


痒い、目が覚める、薬塗る、寝る、痒い、目が覚める、薬塗る…的な。


にゃー 寝不足にゃー ( ̄ω ̄)


そんな日がしばらく続いた後、湿疹は落ち着きましたけど、湿疹が出た後が茶色くなりまして。


それが、すごかったっス。


なんたって、ほぼ全身ですから。


胸、腕、腰、両脇腹から腿にかけて、茶色のマダラという。


『もののけ姫]』のアシタカの腕に出た紫色のマダラ模様みたいといえば、わかって頂けるでしょうか。


見るからに、“病気”という感じです。


さすがに薬を塗るたびに、憂鬱な気持ちになってました。


ところがですね、茶色くなってから数日経った頃にですね、鏡に映った全身マダラの姿を見ていて、ハッと気づきました。


こここ、これは茶柄の猫っぽいぞと。


にゃーにゃー言ってるうちに、本当に猫になってしまったぞ…的な。


ニャー (●ω●)


それで、少し気持ちが楽になりました。


茶柄猫になってしまった頃にですね、前から疲れが溜まると痛くなっていた奥歯がものすごく痛くなりまして。


湿疹と歯痛のダブルはヤバいと思い、今度は歯医者さんに行きました。


ついでに何年か前に抜いたままになっているところに差し歯も入れてもらおうと思いまして。


治療してもらったのですが、痛みが引かなくて。


硬い、柔らかいに関係なく、咀嚼すると激痛が走るという。


痛み止めを飲んでも効かないという。


しかたないので、しばらく豆腐とスープ、ウィダーインゼリーのみの日々になりました。


よろよろ…。


痛みが少しマシになった頃に、差し歯を入れることになったんですけど、歯医者さんに行ったらなんとビックリ。


奥歯が割れていると言われまして。


つまり、奥歯の内側が虫歯になっていて、それで痛みが引かなかったんだと。


ああ、そうなんだ、そうなんですねぇ。ハハハッ!


と笑ったのも束の間、「これヤバいんで、抜いちゃいましょう」と医師さんに言われまして。


「えっ、マジすか? でも、今日差し歯も入れるんですよね?」


「うん。でも、これこのままってわけにいかないから」


にゃあああぁぁああー!!


それで、奥歯を抜いて、差し歯を入れるという一大事を同じ日にしました。


よろよろよろろ…。


でもまぁ、これで歯痛からは開放されるしなと思いながら家に帰って。


晩ご飯を食べたら、もんのすごく気持ちが悪くなりまして。


マーライオン。


少し経って、再びマーライオン。


もう胃袋空っぽなのに、さらにマーライオン。


いやー、死ぬかと思いました、マジで。


でですね、それが7月にやったKIZZのライブの前日だったという。


ハハハッ!


よく次の日にライブできたよな…的な。


とはいえ、やっぱりストレス掛かったんでしょうね。


KIZZのライブから2~3日経ったら、湿疹が再発しました。


そんなわけで、7月KIZZ、8月同級生ズ、10月ノヴェラとライブがありましたが。


7月、柄猫。


8月、かなりな柄猫。


10月、まぁまぁ柄猫だったという。


今もまだうっすら跡が残ってます。


困りますね。


これで6月頃にブログに書いた謎の言葉や、10月のライブで言ったことの意味が分かってもらえると思います。


そういえば、病気のことは一切書かなかったのに、「タカさん、もしかして病気の治療中ですか?」というメッセ―ジを送ってくださった方がいました。


なぜ分かったんだろう?


ありがとうございます。


皆さん、身体に気をつけて。


闘病されている方は、負けずにがんばってほしいです。


きっと良くなりますよ。


いつもみんなが笑顔と共にあることを願っています。
【2016/11/19 01:20】 未分類 | トラックバック(0) コメント(11) |
一途な女 レティシア。
昨日のLa Songerie(NOVELAのカバーバンド)のライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。


ボーカルの金森さんが体調を崩して入院するというアクシデントがあり、ライブ当日は歌うどころか、立っているのもやっと…という状態になってしまいまして。


本人も途中で倒れるかもしれないと真顔で言いつつ、でもライブはやると。


じゃあ、なにかあったら歌えるメンバーが歌うか…的なことになりまして。


アンジーさんが来られたら、1曲くらい飛び入りがあるかもということになっていたわけですが、アンジーさんはレコーディングをされていて、来られるとしても何時になるか分からなかったんですね。


他のバンドのライヴが始まった中、“参ったなぁ…”と思いつつライブハウスの外に出て(←小屋の中はケータイが圏外だった)、「アンジーさん、何時ごろ来られますか?」というメールを送ったら、なんと駅のほうから歩いてくるアンジーさんの姿が!


ぎゃあぁぁー! アンジー様っっ!! \(〇ω〇)/゜。


と駆け寄り、事情を話したところ「そうなんだ。じゃあ、僕がサポートして一緒に歌うし、もしもの時は僕が変わるよ」と言ってくださったんです。


「ええっ? だって、リハはおろか、声出しすらしてないじゃないスか」


「いや、大丈夫。なんとかなると思うよ」


ままままじスかぁー!! \(TωT)/ ←感涙


ということで、急きょアンジー様とイスに腰かけて歌う金森さんのツイン・ボーカル体制でのライブとなりました。


金森さん、かなり状態がよくないのにがんばって歌いましたし、最後は立って歌ったという。


音楽やライブが人に与えるパワーの大きさを、改めて感じました。


素晴らしいですね。


個人的には、3年連続でアンジー様と同じステージに立つことができて、感動ひとしおでした。


あと、「星降る夜のおとぎ話」をやれたのがね……感無量でした (TωT)


何度か、このブログのタイトルに使ったことからも分かると思いますが、すごく思い入れのある曲なんです。


初めてNOVELAのライブを観た時(←Girlのオープニング・アクト)に、1曲目にやったのが「星降る夜のおとぎ話」でしたし。


ライブ中に、TERU様が歌うパートを自分がライブで歌う日が来るとは…と思い、「♪ しぃ~ずかな 今宵を待てば」と歌いながら、あっちの世界に行きそうになりました。


「調べの森」をやれたのも嬉しかったですし。


あと、今回はパンキーさんのギターの音との相性などを考えて、久しぶりにストラトを使ったんですね。


それも良かった。


ストラト良かった。


それに、お客さんも沢山来ていて、知ってる人も、初めて会う人も、みんな笑顔でライブを観てくれていて。


最高でした! オレ、ずっと笑顔だった気がしますっっ!!


良いライブでした \(^ω^)/


ベーシストのカミーユやドラマーの堀江さんを始め、会場に行ってみたら他にも久しぶりに会う人が大勢いて、それも嬉しかったです。


皆様、本当にありがとうございます。


特に、アンジー様には、言葉では言い尽くせない感謝を感じております。


アンジー様が参加してくださらなかったら、あんなに良いライブにはならなかったのは間違いないです。


ご恩返しをせねば……と思っております。


猫の恩返し。


ニャー。


ただ、良いライブでしたが、万全な状態のライブではなかったので。


NOVELAでリベンジしたいなと思っております。


あと、来年の2月に、KIZZもありますー。


年内に、もう1本くらいライブができると良いんですけど…。


なにか決まりましたらブログにアップしますし、KIZZの詳細も今度書きますね。



みんなが笑顔と共にありますように。



オレもがんばりますー \(^ω^)/

【2016/10/10 03:22】 未分類 | トラックバック(0) コメント(13) |
前のページ 次のページ
PROFILE
TAKA-SAN
  • Author:TAKA-SAN
  • アンドロイドの部屋
  • RSS1.0
  • CALENDER
    03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    RECENT ENTRIES
  • 温かくなりました。(04/22)
  • 桜、咲き始めましたね。(03/26)
  • もう寒いの飽きた。(02/28)
  • そして素に戻る。(02/14)
  • 冬きたりなば春遠からず(02/03)
  • RECENT COMMENTS
  • pekomama(02/26)
  • よちりん(10/12)
  • もけ(09/07)
  • Orion(09/07)
  • よちりん(09/03)
  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2013/10/02 08:55)(10/02)
  • まっとめBLOG速報:まとめ【街も人も秋の装い】(11/21)
  • まっとめBLOG速報:まとめ【銀河鉄道の猫】(11/21)
  • ARCHIVES
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (3)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (2)
  • 2016年06月 (2)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (2)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年06月 (2)
  • 2015年05月 (3)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (2)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (2)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (2)
  • 2014年08月 (2)
  • 2014年07月 (2)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (5)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (3)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (2)
  • 2013年06月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (3)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (2)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (3)
  • 2012年08月 (2)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (3)
  • 2012年05月 (2)
  • 2012年04月 (1)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (3)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年08月 (1)
  • 2011年07月 (3)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (2)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (4)
  • 2010年12月 (2)
  • 2010年11月 (3)
  • 2010年10月 (3)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (3)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (2)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (2)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (2)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (3)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (5)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (6)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (3)
  • 2008年09月 (7)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (5)
  • 2008年04月 (5)
  • 2008年03月 (6)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (4)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年09月 (5)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (6)
  • 2006年07月 (3)
  • 2006年06月 (4)
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年04月 (3)
  • 2006年03月 (6)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (5)
  • 2005年12月 (7)
  • 2005年11月 (5)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (5)
  • 2005年08月 (3)
  • CATEGORY
  • 未分類 (422)
  • LINKS
  • Kulie-Alor official website
  • SEARCH